【徹底解説】出羽三山の開祖を祀る神社:蜂子神社の歴史、御祭神、アクセス、見どころ

観光

蜂子神社の歴史、御祭神

蜂子皇子は飛鳥時代(西暦538年~710年)に生きた日本の王子です。

出羽三山の3つの聖なる山、羽黒山、月山、湯殿山を創建したことで最もよく知られています。

若いころ

蜂子皇子は崇淳天皇とその妃袖子女の三男として西暦562年に生まれました。

蜂の子は蜂の子で、蜂の子がいっぱいの部屋で生まれたと言われているため、「蜂の王子」という意味の蜂の子という名前が付けられました。

亡命と巡礼

西暦587年、蜂子皇子は

兄の崇峻天皇 ₍日本史の中で、臣下により暗殺されたと正史に明記されている唯一の天皇である。₎

によって朝廷から追放され、

日本北東部の辺鄙で未開発の地域である出羽国に送られました。 ₍この時の聖徳太子は?₎

伝説によると、蜂子皇子は流刑中に出羽の山林をさまよい、悟りを求めた。

ある日、彼は羽黒山、月山、湯殿山の3つの神聖な山の幻影を見た。

彼はこれらの山々が聖地であると信じ、そこに寺院を建てようとした。

出羽三山の創建

蜂子皇子は、まず羽黒山に登り、羽黒宮を創建しました。

次に月山に登り、月山神社を創建しました。最後に湯殿山に登り、湯殿山神社を創建しました。

出羽三山の三つの神社はすぐに人気の巡礼地となり、現在でも重要な宗教の中心地となっています。

蜂子皇子は出羽三山の創始者として崇敬されており、「出羽の聖人」または「出羽の大師」として知られています。

死と遺産

蜂子皇子は西暦641年に79歳で亡くなり、羽黒山の山頂に埋葬されました。

蜂子皇子は日本の歴史と宗教において尊敬されている人物です。

彼はその信心深さ、勇気、そして仏法を広めることへの献身で知られています。

出羽三山の 3 つの神社は彼の永続的な遺産の証です。

アクセス

蜂子神社は、羽黒山山頂にあります。羽黒山麓からバスで約50分、徒歩で約2時間30分かかります。

見どころ

蜂子神社の境内には、本殿、拝殿、社務所などがあります。

本殿は朱塗り₍?₎の造りで、内部には能除太子の御神像が安置されています。

また、境内には、能除太子(蜂子皇子)の足跡と伝えられる「蜂子石」や、出羽三山の神々を祀る「三神合祭殿」などもあります。

周辺情報

蜂子神社周辺には、羽黒山神社、五重塔、出羽三山歴史館などの観光スポットがあります。

まとめ

蜂子神社は、出羽三山の開祖である能除太子(蜂子皇子)を祀る神社です。

歴史ある神社であり、出羽三山参拝の際にはぜひ訪れたい場所です。

西暦2023年6月18日 悠仁親王殿下も、お詣りされていらっしゃるとの事です。

おまけ

よろしければ、お手にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました